キャットフードだけで不安ならおすすめの食材を探そう

おすすめ食材を知ってキャットフードと混ぜよう【ダメな食材もある】

猫にはあげてはいけない食べ物が多い

キャットフードを与えていても、たまに自分達が食べているものをあげたくなる気持ちが飼い主には多いとされています。その時、猫にあげてはいけないものを知らないと大変なことになります。きちんと猫が食べてはいけない食べ物を知っておきましょう。

猫にあげてはいけない食べ物

  • ネギ類
  • 魚の骨
  • チョコレート
  • 珈琲
  • 香辛料
  • アルコール
  • アワビ
  • 青みの魚
  • 甘いお菓子
  • ドッグフード

キャットフードだけで不安ならおすすめの食材を探そう

子供と猫

猫の消化器官は人間とは異なる

人間と同じ栄養素を必要とする猫ですが、消化器官は人間とは異なってきます。そのため、人間では簡単に分解できる食材でも猫では消化することができなかったり、少量でも中毒になってしまったりする危険性があります。

猫と犬

加熱することで有益食材にもなる

「食材は毒にも薬にもなる」といわれるように、猫にそのまま与えては害になる食材も、加熱して与えることで有益な食材になるものもあります。たとえば、卵を生で与えてしまうと、皮膚炎や結膜炎になる可能性がありますが、加熱することで、その原因となる成分がなくなり、良質なタンパク源となります。

猫

猫のおすすめはやはりお肉

猫のご飯でどういったものがおすすめかと考えると、やはりお肉が一番おすすめといえます。本来肉食動物である猫は、お肉からタンパク質を摂取しています。そのため、お肉は猫にとってもとても食べ馴染みのある食材です。鳥のササミなどは脂分も少ないため、猫におすすめの食材です。

猫

人間の調味料はいれてはいけない

猫は人間と違い、味覚を感知する機能が少ないとされています。そのため、塩気や甘みは感じられないといわれています。その大きな理由は、猫には塩分と糖分が必要ないからです。そのため、人間が食べている多くのものが、猫には適していない食材になります。

食べさせてはいけないものをきちんと理解しよう

猫が人間の食べ物を食べてはいけない理由は、消化ができないこともありますが、主に必要がないものだからということを覚えておかなくてはいけません。元々入れる必要がないものを体内に入れてしまうと、過剰に反応してしまったり、分解できなかったりと様々な悪影響を生んでしまいます。

広告募集中